wimax 電波 屋内

サイトマップ

WiMAXサービスは屋内使用に不向き?

屋内使用に不向きと言われているWiMAXの電波ですが、効率良くWiMAXの電波を受信する方法についてご紹介します。



WiMAXの電波が屋内使用に不向きだと言われる理由ですが、高周波数の帯域を使用している点がその理由となります。
ですので、障害物にぶつかると反射しやすい性質を持っています。
その結果、室内まで電波が到達しづらいと言う面があるのです。



障害物に弱いWiMAXの電波



以前はWiMAXの基地局の数が今よりも少なく、そう言う理由から、室内へWiMAXの電波が十分に届かないと言う状況が起こっていました。
ですが、今は基地局の数が増え、WiMAX端末自体の技術も向上しています
ですから、実は、電波が繋がりにくいと言う状態は起こりにくくはなっています



↓WiMAXサービスの詳細情報↓
So-net モバイル WiMAX 2+

au 4G LTEを有効活用する

WiMAX端末には、au 4G LTEと言うauのLTE通信に対応している端末もあります。
この通信回線は、室内使用に不向きのWiMAX通信を補う目的で搭載されている通信回線です。



LTE通信は低周波数帯域のプラチナバンドを使用しています。
ですから、奥まった場所にも電波が到達しやすいと言う特徴を持っています。



電波が繋がりやすい



また、人口カバー率99%と言う脅威の通信エリアをカバーしている点も、au 4G LTEの特徴の1つとなっています。
ですから、WiMAXが繋がらないエリアであっても、au 4G LTEなら繋がると言うケースは結構あります。

パラボラアンテナを自作する

WiMAXの通信状態が十分ではない弱電波エリアにいる場合、パラボラアンテナを自作して受信状況を改善すると言う方法もあります。
材料としては、金属製のボウルやアルミホイルを代用する方が多いようです。



金属製のボウルをパラボラアンテナとして代用



特に難しい工作は必要ありませんから、試してみるのも良いです。





↓WiMAXサービスの申込み先↓
So-net モバイル WiMAX 2+

「So-net モバイル WiMAX 2+の評判は?その特徴は?」について

So-net モバイル WiMAX 2+の評判や特徴についてご紹介します。キャンペーン特典を活用して、充実したWiMAXライフを過ごしましょう。

Copyright © So-net モバイル WiMAX 2+の評判は?その特徴は?. All rights reserved