テザリング wimax

サイトマップ

WiMAX端末で利用出来るテザリング機能

WiMAX端末で利用出来るデザリング機能と、不具合時の対応方法についてご紹介します。



WiMAX端末が対応しているテザリング機能ですが、Wi-FiテザリングBluetoothテザリングの2種類のテザリングがあります。



Wi-Fiテザリング



Wi-Fiテザリングの特徴ですが、最大同時接続数が10台と言う点が挙げれます。
また、通信速度が高速で、より広い範囲での通信が可能だと言う点も挙げれます。



一方、Bluetoothテザリング特徴としては、電力消費が抑えれると言う部分があります。
ですから、Bluetoothテザリングで通信を行う間、バッテリーが長持ちします。
その代わり、Bluetoothテザリングを使用時の最大接続数は3台までとなります。



同時接続数は3台までのBluetoothテザリング



↓WiMAXサービスの詳細情報↓
So-net モバイル WiMAX 2+

Wi-Fiテザリングの使い分け

Wi-Fiテザリングは、2.4GHz5GHzの使い分けをする事が出来ます。



2.4GHzの特徴としては、色々な端末に対応していると言う汎用性が挙げれます。
ですから、色々な機器をインターネット接続する事が可能です。



2.4GHzは汎用性が特徴的



一方、5GHzの特徴としては、限られた機器しか対応していないと言う部分が挙げれます。
ですから、その分他の機器との電波干渉が起こり辛いです。



他の機器との電波干渉が起きると、通信速度が落ちたり、通信が安定しなかったりします
そう言った状況がが起こりにくくなりますので、そう言う点で安心感があります。



通信が安定しやすい5GHz



WiMAX端末によっては使い分けが出来るようになっていますので、上手に活用したいところです。

テザリングに不具合が起きている場合には?

Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングは2.4GHzを使用していますが、電波干渉が起きる事があります。
Wi-Fiテザリングの場合は5GHzに切り換える方法がありますが、対応端末でなかった場合、この方法は利用出来ません。



その場合、クレードルとLANケーブルを利用して、テザリング機能を使用せずに有線通信を行うと言う対策方法があります。
そうする事で、電波干渉を回避する事が可能です。



有線通信を行う



クレードルやLANケーブルがない
5GHzに非対応のWiMAX端末を使用している。
そう言った方の場合、上記対策は利用出来ません。



その場合、WiMAX端末を再起動してみると言う方法があります。
再起動でも改善されない場合は、リセットボタンを押してみましょう



WiMAX端末のリセットで通信が良くなる!?



応急処置ではありますが、この方法によって通信状態が改善される事があります。



↓WiMAXサービスの申込み先↓
So-net モバイル WiMAX 2+

「So-net モバイル WiMAX 2+の評判は?その特徴は?」について

So-net モバイル WiMAX 2+の評判や特徴についてご紹介します。キャンペーン特典を活用して、充実したWiMAXライフを過ごしましょう。

Copyright © So-net モバイル WiMAX 2+の評判は?その特徴は?. All rights reserved